キャッシング会社の選びかた

おまとめローン 1月 09, 2017 No Comments

おまとめローンは、今までの金利より低い金利の金融機関でまとめられれば毎月の返済も少なくなり、多少なりとも余裕のある生活ができるようになります。
おまとめローンは多くの消費者金融や銀行カードローンで申込ができますが、金利や融資限度額がそれぞれの金融機関で違いがあります。
その違いを知らなければ「おまとめしなければよかった」ということにもなりかねませんので、申込をする前に時間をかけて慎重に選ぶことが重要になります。

「大手消費者金融のおまとめローン」
消費者金融は総量規制の対象になるので、一般ローンの融資限度額は年収の3分の1以内と制限され、年収による最大融資限度額が決まります。
総量規制にはこれに該当しない「例外貸付」があり、そのなかには「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があります。
おまとめのように借り換えることで有利になる場合は、年収の3分の1を超えている部分については、審査で返済ができると判断した場合は融資をシテもよいことになっています。
消費者金融は一般的に審査にかかる時間が短く、銀行カードローンに比べ、金利が高めですが審査に通りやすいということが特徴になります。
大手消費者金融の「アコム」や「アイフル」のかりかえMAXやおまとめMAX、オリックスクレジットなどのおまとめローンがよく知られています。
また「モビット」にはおまとめローンといった商品はありませんが、口コミなどを見るとおまとめで利用されるかたもあり、おまとめでも人気があります。

「銀行カードローンのおまとめローン」
銀行カードローンは金利の低さ、高額融資からおまとめには最適です。
ただ、消費者金融同様に高額融資になるので、審査が厳しく時間がかかります。
銀行カードローンのおまとめは高額融資が可能なことから、おまとめローンというように区別をすることなく一般ローンと同じ扱いになっている場合が多いようです。

「おまとめローンを申込む前に」
消費者金融と銀行カードローンを比べてもわかるように、おまとめローンは金利の低い銀行で申込むことをおすすめします。
また返済方法によっては返済期間が長くなり、おまとめの効果が期待できない場合もあるので、できれば返済回数で返済額を決めるという方が確実に返済総額がおさえられます。

おまとめローンを検討するときに重要なのは、銀行や消費者金融の返済シミュレーションを利用して、無理のない返済計画が立てられるローンや、利息を含めた総返済額ができるだけ少なくなるローンを選びましょう。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら

Haley